インポテンツになりやすい人の特徴

インポテンツになる原因は様々ですが、なりやすい人にはいくつかの特徴があります。当サイトでは、原因やなりやすい人の特徴のほか、改善策なども載せていますのでぜひ参考にしてみてください。

ストレスや喫煙が原因でインポテンツに!?

男性が抱えるインポテンツ(勃起不全、勃起不能)という問題は、ストレスの多い現代社会においては、増加の一途をたどっています。インポテンツの悩みは、なかなか他人に相談しにくい上、原因がわからないまま、相手の女性を不安にさせてしまうことも少なくありません。一時的な対策としては、精力剤などを使うことも出来ますが、根本的な解決にはならないでしょう。インポテンツの原因としては、身体的なものと精神的なものの2つに分けられます。身体の不調や病気から来る場合は、医師に相談することが一番ですが、生活習慣の乱れにより、勃起しにくい状態になっていることがあります。一般的に、糖尿病、肥満、高血圧、動脈硬化などの恐れがある人は要注意です。また意外かもしれませんが、喫煙がインポテンツを引き起こす原因になっていることもあります。タバコは、老化を早め、血管を収縮させ、血液をドロドロにしてしまいます。本来、勃起は、男性性器に血液が充満することでおこります。陰茎の血管は、身体のほかの部分に比べて細いため、血液の流れが悪いと、充満に至らず、勃起不能となってしまうわけです。精力剤などに頼る前に、生活習慣が乱れていないか見直してみましょう。また、ストレスが原因でインポテンツになる場合もあります。男女ともに、性交が上手くいく秘訣は、「リラックス」することでもあります。仕事や家庭のトラブルや悩みを引きずって、いつまでも緊張状態では、気持ちよさは生まれません。また、女性を相手に勃起しなかったり、中折れしてしまった経験がある男性は、それが不安やトラウマとなって、「今日は大丈夫だろうか」と不安と緊張がよぎる場合もあるでしょう。このようなストレスが重なるとインポテンツや精力の衰退が加速してしまいます。

間違ったオナニーでインポテンツになる

インポテンツは、勃起不全、勃起障害などとも言われ、その原因は、様々です。年齢層では、若年層よりも中高年に多く見られ、適度な運動をしている人に比べ、肥満、脂肪過多の人は要注意だとも言われます。生活習慣による男性ホルモンの乱れや、動脈硬化や血液のドロドロ化によっても、インポテンツは引き起こされます。一方で、比較的若い世代でも、インポテンツに悩む人は少なくありません。自慰(マスターベーション)は健全な成人男性であれば、普通のことですが、間違ったマスターベーションを続けることによって、いざ性交を行なったときに、勃起せずに挿入できないというケースがあるのです。自己流でのマスターベーションに馴れてしまい、挿入の刺激だけでは物足りなくなってしまうのが理由の一つです。例えば、手で強く握って擦ったり、硬いものやシーツに押し当てて刺激を加えるなど、通常の性交では得られない刺激によるマスターベーションは要注意でしょう。普通の性交では興奮しない、普通では快感が得られないといったことに繋がり、途中で折れしてしまえば、相手の女性にも不安を与えてしまいかねません。では、インポテンツを引き起こさない為のマスターベーションとはどのようなものでしょうか。一番大事なのは、一気に強い刺激を与えずに、あくまでも優しいタッチで行なうということです。強く握ったり、硬いもので擦ることを避け、できればローションやゼリーなどで十分に潤いを与えましょう。お風呂などで行なう場合は、石鹸やジェルなどを使うこともできます。何事も過ぎたるは及ばざるがごとしです。女性との大切なひとときを無駄にしてしまわない為にも、マスターベーションの気持ちよさだけを追求せずに、方法を見直しましょう。

食事や運動でインポテンツを改善

インポテンツに悩んでいるならば、精神面だけでなく体の中から環境を整える必要があります。そこでおすすめの食べ物がエビです。エビに含まれるアミノ酸やタウリン、アスタキサンチンがインポテンツの改善に効果的です。タウリンは体の組織や細胞を正常に保つ働きがあります。アスタキサンチンは鮮やかな赤色のもとで、細胞の活性化やアンチエイジング、足腰の強化に効果があります。精力をアップして、足腰を鍛えれば性行為に持続力がつきます。アスタキサンチンは身と殻の部分に含まれているので、殻ごと食べられる桜えびが効率良く摂取できます。また、亜鉛やビタミンB群も多く摂取すると良いです。牡蠣やうなぎに含まれる亜鉛は、精子の量を増やし、男性ホルモンを正常に整えます、ビタミンB群はアルコールの代謝を良くするので、飲酒による勃起に効果的です。さらにインポテンツは血行不良が原因の一つです。メタボなどの生活習慣病は、動脈硬化を引き起こすので血行不良に陥りやすいです。よってバランスの良い食生活を心がけます。脂っこい食事を避けて、バターや生クリームなど動物性脂肪には気を付けます。コレステロールを蓄積しないように、野菜を多く食べて肉類より魚を選びます。次に、血行を良くしてインポテンツを改善するためには運動が効果的です。スクワットは足腰を使って骨盤底筋群を鍛えます。陰茎の根元部分は骨盤底筋群の隙間に入っているので、この部分を強化すれば海綿体から血液が逆流するのを防いで勃起を持続させます。また全身の血行を良くするには、サイクリングやウォーキングなどの有酸素運動をします。体に大きな負担をかけないので、リフレッシュできてストレス解消にもなり、心因性のインポテンツにも有効です。
↓おすすめサイト
カマグラゴールドを通販で購入
東京でED治療をお考えの方はこちら
メガリスは食事等の影響受けにくい
シルデナフィルについて